待遇は職場によって違う

同じ看護師でも待遇は職場によって違う

看護師として働く時に、待遇面も多少は気になっている人も多いです。
そこで、看護師の給料というのは、月収25万円から45万円ぐらいが主流になっていますけど、職場によって違ってきます。

 

給料が高めの所もあれば、安めの所もあります。

 

もちろん特別手当や福利厚生の部分でも職場で違ってきますので、待遇面が気になる人は、きちんと自分が満足できる待遇の職場を選ぶ事が大事になってきます。

 

待遇面に関しては、求人情報に詳しく記載されていますので、求人探しの段階からある程度は、把握する事ができます。

 

また、最初は待遇が安くても、昇進や昇給がある所であれば、将来的には待遇面がかなり良くなってくる可能性もありますので、その点も把握するようにします。

 

もし、求人情報に待遇面についてあまり詳しく記載されていなければ、直接電話して、確認するようにします。

 

そうすることで、採用試験を受ける前にきちんと待遇面について理解する事ができます。

 

また、ボーナスがあるかどうかも待遇面においてかなり響いてきます。

 

ボーナスについても、職場によって支給されたり、されなかったりあります。

 

また、ボーナスの額についても違ってきますので、その点も確認しておくと良いです。

 

以上のように、同じ看護師として働く場合でも、待遇においては職場によって変化しますので、待遇面をあまり確認せずに応募しないようにします。

 

待遇面が良いか悪かによって、自分の生活面で大きな影響がでてきます。

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

関連ページ

看護師のスキルアップに役立つ資格について
看護師さんがスキルアップしようと考えたらどのような資格を取得するのが良いのでしょうか。
病院から特別養護老人ホームへ
私は就職して以降、看護師として病院で勤務をしていましたが、一年前に特別養護老人ホームへ転職をしました。
派遣という働き方もある
近頃では派遣やパートで働くという事が珍しくない時代です。
国際看護師という働き方
今では世界中でグローバル化が加速していて、海外に移り住みそこで仕事をする人は珍しくありません。 看護師でも外国へ目を向けて、海を越える人がいます。