ナース10年目に転職しました

ナースとしての10年間と転職のこと

看護師として働いて10年になります。
看護師の大学を出て地元で有名な総合病院に就職しました。
新人の看護師には、プリセプターといって指導をしてくれる看護師が付きますが、この指導看護師が大変厳しい人で、私は毎日のように怒られていて、また、周りのスタッフも誰も助けてくれない状況でした。

 

休日でも呼び出しを受け、看護技術の勉強をするように命じられたりもしました。
残業も多く、身も心も休まる暇がなく、精神科に通って薬を飲みながら無理をして、1年以上も仕事を続けていましたが、ある日、全く仕事に行けなくなってしまい、転職をすることを決断しました。

 

せっかくとった看護師の免許だったので、看護から離れて、全く違う仕事をすることはしたくありませんでした。
そのため、新しい転職先も看護師として働ける所を希望し、結果的に総合病院から、老人保健施設に転職をしました。
転職をするにあたって、私は家族もいたため、すぐに給料の良いところを探さなくてはなりませんが、看護師は求人数も、一般的な職種に比べて多い上に、看護師専用の求人サイトも多くあります。

 

 

私は、看護師求人サイトに登録をしたため、求人サイトのスタッフさんが、希望をする転職先を勝手に見つけてくれて紹介してくれるため、苦労をすることはなく、すぐに転職先が見つかりました。
ほとんどの医療現場で、看護師が不足している実情もあり、面接を受ければ、ほぼその場で合格になりますし、給料面でも融通を利かせてくれました。
ただ、私が一番気にかけていたのは、福利厚生や給料よりも人間関係でした。

 

せっかく好条件で就職できても、人間関係が正直トラウマになりかけていたので、次のところは人間関係に不満なく働きたいと願っていました。
転職する際に、給料や勤務体制、福利厚生などは外からでも把握が出来ますが、人間関係は、現場に入ってみないと、まずわかりません。

 

人間関係については、ホームページを見てもよくわからないので、転職先の見学をお願いしました。

 

現場の看護師長に対応をしてもらって、時間をかけて職場内を色々と見せてもらい、雰囲気などを感じ取りました。

 

また、人間関係は良好なのかどうかも直接質問をしてみました。
老人保健施設に転職し、現在は、人間関係の良好な職場で働くことが出来ています。
看護師はチームワークが命ですので、職場内でコミュニケーションが取れなければ仕事になりません。
施設の看護師なので、忙しく記録を書いたり、急変などに忙殺されることもなく、ゆったりと、施設の利用者とコミュニケーションをとったりして時間を過ごすことができ、楽しいです。

 

 

残業もほとんどなく、家族の時間を十分にもつ事ができています。
あのまま、無理をして総合病院に勤めていたら、もしかして自殺をしていたかもしれません。
看護師は、転職先も多いので、処遇や人間関係に悩んで転職を考えたら、早めに行動するのが良いかと思います。

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

関連ページ

子育てと家族のサポート
小学生の息子2人と夫の4人暮らしをしている看護師です。
福利厚生の良い病院
じっくり探せば福利厚生の良い病院があります。今勤務している病院は福利厚生の良い病院のひとつです。
転職を前向きな転換点と捉える
従来に比べて積極的に看護師たちが新たな職場を探すようになったことや、転職を推奨する流れが構築されていることが関与しているのではないかと思います。
看護師のいろいろ
看護師といいますと、看護婦の新しい呼び方であり、男性の看護スタッフや看護婦に関わらず「看護に携わる人」を意味します。看護師になるためには、看護の専門学校あるいは看護大学等を卒業しなければなりません(これらは、総称として、看護学校等となります。
看護師と子育てを考える
出産や子育てなど仕事のキャリアが途切れる可能性の高い女性にとって、資格を持ち手に職を持ち働ける看護師という仕事は魅力的です。