福利厚生の良い病院

おすすめの勤務病院は福利厚生が良いところです

じっくり探せば福利厚生の良い病院があります。
今勤務している病院は福利厚生の良い病院のひとつです。
うちの病院では、自分はもちろん2親等の家族が病気にかかったときは勤務先の病院にかかったときに限り、全額の医療費負担をしてもらえます。
同居している夫の母もすごく助かると言います。

 

また2年に1度ですが、2泊3日くらいの社員旅行が開催されます。
病院によってはこういう社員旅行があっても勤務人数がそもそも足りないために、実際に行ける人が限られてしまうところも多いようです。

 

でも今働いている病院では、なるべく全員が旅行に参加できるように、2回の日程に分けて旅行を企画してくれます。
ですから、たとえ勤務が重なった場合でも振り分けてみんなが参加することができます。
昨年は病院創立20周年ということでグアム旅行に連れて行ってもらいました。

 

 

また年に一度の忘年会もかなり良いです。
県内有数のホテルの大広間を貸切って行われます。
各病棟ごとに丸テーブルが用意され、フランス料理のフルコースを食べて、お酒はワインやビール、日本酒など飲み放題です。

 

またその忘年会会場まで、病院のバスが4回にわけて送迎してくれます。
ですから安心して飲むことができるんです。

 

またもしもその忘年会当日に、夜勤などの勤務が当たった場合は、夜勤勤務者の晩ご飯に豪華お弁当が支給されます。
このように福利厚生の良い病院を探して転職してみるのも良いかも知れませんね。

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

関連ページ

ナース10年目に転職しました
看護師として働いて10年になります。看護師の大学を出て地元で有名な総合病院に就職しました。
子育てと家族のサポート
小学生の息子2人と夫の4人暮らしをしている看護師です。
転職を前向きな転換点と捉える
従来に比べて積極的に看護師たちが新たな職場を探すようになったことや、転職を推奨する流れが構築されていることが関与しているのではないかと思います。
看護師のいろいろ
看護師といいますと、看護婦の新しい呼び方であり、男性の看護スタッフや看護婦に関わらず「看護に携わる人」を意味します。看護師になるためには、看護の専門学校あるいは看護大学等を卒業しなければなりません(これらは、総称として、看護学校等となります。
看護師と子育てを考える
出産や子育てなど仕事のキャリアが途切れる可能性の高い女性にとって、資格を持ち手に職を持ち働ける看護師という仕事は魅力的です。