看護師のいろいろ

看護助手から正看護師までのお話

看護師といいますと、看護婦の新しい呼び方であり、男性の看護スタッフや看護婦に関わらず「看護に携わる人」を意味します。
看護師になるためには、看護の専門学校あるいは看護大学等を卒業しなければなりません(これらは、総称として、看護学校等となります。看護大学は、4年制となっており、医学部や薬学部と異なり、割と楽に卒業できるようになっています)。

 

看護学校等の卒業式では、ナース服になった卒業生に対して、蝋燭を持たされて、看護師になるための決意表明が行われます。
看護学校等の卒業式ですが、儀式的な色彩を帯びていますが、看護師の業務というのは責任重大とされているので、「苛烈な看護業務に耐えれるための、儀式的なイベント」となります。

 

 

看護師ですが、正看護師と准看護師が在ります。先ず、後者の場合ですが、これは看護師であるものの、正看護師のような業務が行えない人を意味します。
正看護師ですが、医療行為としての注射を扱えるようになります。
また、医師の医療行為の補助を行えたり、収入面では看護スタッフにおいては優位に立てるようになっています。

 

看護師の助手である、看護助手も在りますが、この場合は、医療行為はできないようになっています。
ただ、看護助手の業務に就いている人であっても、将来的に看護師の資格を取得するために看護学校等に通学するというケースもあり得ます。

 

看護師や准看護師の業務の共通点ですが、患者の世話、院内の見回り、外来者への案内業務、24時間体制の当直となっています。
看護助手の仕事内容としては、当直は看護師の仕事となっているので、助手は行えないようになっています。

 

また、看護助手は基本的には非正規の医療機関スタッフとなります。
看護師の給与ですが、20万円以上となっています。これは正看護師の場合で、当直業務もこなしているときとなります。
准看護師や看護助手は、看護師にとって補助的な存在となっており、20万円未満となっている事が多いです。

 

 

看護師の求人情報の収集ですが、専門の求人サイト等(タレントの、波瑠さんがイメージキャラクターとなっているサイト等)で情報を探せるようになっています。
登録に関しては、看護師の有資格者であれば利用可能となっており、年会費や登録料は無料となっています。
また、登録するとブランクが在っても問題無く就労できる医療機関や、非公開の案件が随時案内されるのでメリットは大きいです。
また、看護師の求人ですが、保育所での保育スタッフとして働く事が可能となっています。
保育所等の求人で「無資格者でも就労できます」という案件が在りますが、これは、保育士の資格が無くても「医療系の資格取得をしていれば就労可能」を意味しており、看護師の場合は小児科の医療機関での勤務経験が保育所等で活かせるようになっており、保育所で保育士の資格が無くても看護師で子供の世話を代行できるようになっています。

 

看護師の業務ですが、訪問看護専門の機関に就労している場合は個々の家庭を訪問し、アドバイスを行えるようになります。
また、この場合、対人関係能力が在る事が前提となっていますが、専門的な仕事としては非常に遣り甲斐が大きいです。

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

関連ページ

ナース10年目に転職しました
看護師として働いて10年になります。看護師の大学を出て地元で有名な総合病院に就職しました。
子育てと家族のサポート
小学生の息子2人と夫の4人暮らしをしている看護師です。
福利厚生の良い病院
じっくり探せば福利厚生の良い病院があります。今勤務している病院は福利厚生の良い病院のひとつです。
転職を前向きな転換点と捉える
従来に比べて積極的に看護師たちが新たな職場を探すようになったことや、転職を推奨する流れが構築されていることが関与しているのではないかと思います。
看護師と子育てを考える
出産や子育てなど仕事のキャリアが途切れる可能性の高い女性にとって、資格を持ち手に職を持ち働ける看護師という仕事は魅力的です。