看護師と子育てを考える

看護師はこの不景気な世の中でも需要があり比較的就職しやすい仕事です。

看護師の人材不足が言われている昨今において、看護師は就職及び転職が比較的容易な職種の一つです。
不景気である今の日本においてもその傾向はある程度変わらないようです。
手に職を持つということで女性に特に人気のある看護師ですが、その多忙さや責任の重さは誰でも持っているイメージかもしれません。
出産や子育てなど仕事のキャリアが途切れる可能性の高い女性にとって、資格を持ち手に職を持ち働ける看護師という仕事は魅力的です。
しかしながらここで矛盾が生じます。出産や子育てなど仕事以外の人生も充実させたいと思い看護師になったのに、日々の業務が多忙でむしろ自分の生活を振り返れなくなってしまう。
このような状況に陥っている看護師の方も少なくないと思います。

 

ではどうすればいいでしょう。
先ほど書いた通り、看護師はこの不景気な世の中でも需要があり比較的就職しやすい仕事です。
お給料もそれなりでしょう。
この時代に看護師という仕事を選択することはある意味最善の選択です。
看護師としての人生を充実させるのに必要なのは、その時の自分の生活に合わせた転職だと思います。

 

 

看護師は比較的転職しやすい仕事です。
看護師が国家資格であるという点は大きいです。
職場にもよりますが、経営面から見ると一般に看護師という仕事は一つの空間に何人の看護師がいて、患者様一人当たりを何人の看護師で対応しているかということで利益が変わってきます。
当然、看護師がたくさんいたほうが患者様に細かく対応できます。
そうするとその職場は手厚い看護が実施されているとして高い診療報酬がもらえるのです。

 

つまり、経営側からすると看護師の人数が急に減ることは実務以外にも利益の損失があるのです。
そのため経営陣は看護師の人数を維持したいですし、結果として看護師としては転職が行いやすい、採用されやすい環境になっています。

 

ではどのような就職、転職が良いのでしょう。
個人の価値観にもよりますが、まずはじめは大学病院や救急病院など忙しいけどしっかり技術を学べる場所に就職します。
そして結婚や子育てなどプライベートが多忙になってきたら施設系の職場に転職するのです。
これが看護師という資格を活かしつつ、生活も犠牲にしないベストな働き方だと考えます。

 

施設系の職場というのは、障害者施設や老人ホームなどのことです。
施設は基本的に大きな手術を行っているところは少なく、大きな病院と比べると比較的のんびりとした業務の流れになっています。
夜勤もありますが日中同様、そこまで多忙ではありません。
しかし夜勤があるということは夜勤手当が出るということです。
そのため収入も安定します。
看護師の方はキャリア形成において施設系の職場に転職というものを視野に入れてみてはどうでしょうか。

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

多くの医療現場で必要とされる看護師

近年では、多くの医療関連の現場において、看護師が必要とされるようになり始めているのではないかと考えられています。
大規模な総合病院や、個人経営の病院など、人材が必要とされる医療機関の規模も大きく異なっていると考えられているため、その点にも注目が寄せられているのではないかと思います。

 

現在は看護師が多方面で活躍する環境が整備されているものの、このようにして医療機関側から多くの看護師の人材が必要とされる状況も、全国的な規模で確認されていると言えるのではないでしょうか。
ここ数年は、看護師を志望する人が多いと考えられているため、このような傾向は強く歓迎されているのではないかと推測されています。
どのような現場で働きたいかによって、志望する勤務地は変わっていくと考えられていますが、様々なところで看護師の人材を必要とする動きが活性化されることが歓迎されるのではないかとみられています。
以前に比べると、全国規模で看護師の人材が必要とれる傾向が如実なものとして見受けられてきており、新たな人材の獲得や転職希望者の受け入れが加速しているとみられています。

 

そのため、看護師になりたい人や、看護師として転職しようとしている人からは、こうした一連の動向が強く示されてきているのではないかと思います。
こうした状況が多くのエリアで見受けられていくことによって、看護師が希望するところで働ける可能性が格段に向上していくのではないでしょうか。

 

 

年代を問わず多くの看護師にとっては、この傾向が追い風として認識されるようにもなると考えられていることから、多くの医療機関で新たな人材を求める傾向が歓迎されていくのではないかと思います。
これまでに比べて幅広い方面から、こうした特徴が見受けられるようになるのではないかと予測がなされています。
今後も看護師の人材は、規模を問わず多くの医療機関で必要とされるのではないかと見込まれています。

 

看護師としての経験を問わず、多くの人材を希求する場所も散見されていくと考えられているため、看護師の雇用が活発になることにも関与していくものとみられています。
医療機関の施設数自体も以前に比べて多く見受けられていると推測されており、このような傾向が如実なものとして見受けられるのではないでしょうか。
看護師が思い通りに働ける可能性を高めるほか、医療機関の運営が円滑になることにも関わっていくのではないかと予測され、期待が掛けられています。

 

関連ページ

ナース10年目に転職しました
看護師として働いて10年になります。看護師の大学を出て地元で有名な総合病院に就職しました。
子育てと家族のサポート
小学生の息子2人と夫の4人暮らしをしている看護師です。
福利厚生の良い病院
じっくり探せば福利厚生の良い病院があります。今勤務している病院は福利厚生の良い病院のひとつです。
転職を前向きな転換点と捉える
従来に比べて積極的に看護師たちが新たな職場を探すようになったことや、転職を推奨する流れが構築されていることが関与しているのではないかと思います。
看護師のいろいろ
看護師といいますと、看護婦の新しい呼び方であり、男性の看護スタッフや看護婦に関わらず「看護に携わる人」を意味します。看護師になるためには、看護の専門学校あるいは看護大学等を卒業しなければなりません(これらは、総称として、看護学校等となります。