主人の転勤で始めなくてはならなくなった

主人の転勤で始めなくてはならなくなった看護師の転職

これまで馴染みのなかった街に主人の仕事の関係で引っ越してきました。
そのために特に問題なく働いていた病院をやめざる得なくなりました。
主人が転勤になったのは、まだ結婚して年が浅く子供もいないことが大きな理由だろうと聞かされました。

 

確かに子供が学校に通いだしていたり、住まいを購入してからだと、転勤はかなり大変になってきます。
まだまだ会社からすると動かしやすかったのでしょう。
ともかくおかげで新たに知らない土地での看護師の仕事探しが始まりました。

 

しばらくは求人をチャックしながら気になる求人を探しつつ、生活にまず慣れるようにしていました。
看護師の求人サイトで意識したのは、自宅からそこそこ近いこと、あるいは駅前に立地していることでした。

 

 

その他にも福利厚生が整っているかも気にしていました。
結果的に転職ですから、働き方には以前よりもこだわりを持ちたいという意識が自然と芽生えていました。

 

さらには将来、子供ができてその事で仕事ができなくなるのを避けたいと、なるべくなら託児所の併設している病院がないものかと探していました。
保育所に子供を入所させるとができるかもしれません。

 

しかし職場との方向が違えば送り迎えがかなり大変になります。
そこで託児所が併設されていれば一緒に行けるのでとても便利だろうと、想像をしていました。

 

そろそろ求人を絞り込んで、いよいよ応募する段階に入って来ていますから、慎重に採用されるように行動しようと思っています。

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

関連ページ

デイサービスに転職してみました
特にこれまで大阪で5年間働いていたクリニックに不満はなかったのですが、夫の親が高齢になってきたこと、そして土地を引き継いでほしいという意向から田舎に戻ることを決めました。
個人病院のメリット・デメリット
看護師の職場は、いろんな科があり、その科ごとに、専門知識が求められ、なお命に係わる仕事なので、自分がどの科にあっているか、また、自分ならどんな仕事ができるのか、不安になります。
老人看護が大好きな看護師が転職
なぜ転職をしたのかと思っていると、以前から老人看護をすることが夢だったということです。
院内保育所に預けて勤務
私は看護師として10年間働いてきた病院を結婚した直後に辞め、その後転職して自宅近くの病院に移りました。
いじめを受け流す術
以前勤務していた病院であった職員同士のいじめについての話です。
会社を辞めて看護師に転職
もう一つ理由があり、自分は一人っ子の環境で育ったため、人間関係を築くことがほんとうに不器用な人間でした。
美容皮膚科の看護のお仕事とは
先輩ナースたちには数回転職している人もいます。そんな転職体験者からのアドバイス、コツ、反省などをご紹介します。
看護職、続けていればよかった
結婚するまでは、総合病院で働いていましたが、大変忙しく、そのころの私は「結婚して専業主婦になることが、夢」といい、結婚にて仕事から解放されることを望んでいました。
健診センターで快適に勤務中です
健診センターは朝早い仕事なので最初は今までよりも早起きして出かけることがけっこう辛かったのですが、その代わり終了の時間も早く、残業もないため、夕方の4時半には帰ることが出来ます。
大学病院で働くメリット
一般の病院よりもお給料が高くなります。また残業代等も、しっかりお給料としていただくことが出来るので、ほかの病院で働いている看護師よりも、一般的に高いです。