個人病院のメリット・デメリット

看護師の職場は、いろんな科があり、その科ごとに、専門知識が求められ、なお命に係わる仕事なので、自分がどの科にあっているか、また、自分ならどんな仕事ができるのか、不安になります。
看護師の仕事を、大まかに分ければ、まず、病棟勤務と個人病院、外来勤務とに分けられると思います。
私は、病棟勤務を独身の時に経験し、結婚して、パートで、個人病院に勤務した経験から見えてきた、違いやメリットデメリットについて書かせていただきます。

 

まず、病棟勤務は、たくさんの仲間と共に仕事をするわけなので、チームワークが求められます。
自分ひとりに対して、患者が数名、担当となり、受け持ち患者の看護は自分がするとはいえ、点滴、ナースコール対応、入退院、先生の指示受け、など、自分の仕事以外に誰がしてもいいという仕事にチームワークで望みます。
チームワークの仕事は、やる人とやらない人差が出来てしまって、手一杯なのに、受けてしまって、オーバーワークとなってストレスになることもありますが、仲間としてみとめられる手段にもなります。

 

 

仲間が多いのは、自分がわからないことなどを人を選んで聞くことができるわけで、助けてもらえる人が多いともいえます。
ただ、ドクターは常に病棟にいるわけではないので、自分の受け持ち患者のは自分で判断し、対応しなければなりません。
入院患者は、処置や検査、急変もありうるので、その知識や手技も必要になってきます。
個人病院、外来業務は、先生の介助や検査が主な仕事となります。
常に先生がいるとういう安心感は病棟より強いと思います。
ただ、病棟に比べて、人数が少ないので、忙しいと誰も聞ける人がいない、意地悪な人がいた場合、狭いので逃げ場がない、など、人の少なさのデメリットはあるかもしれません。

 

仕事内容は、検査も介助も、その病院にあるものだけの対応となるので、その、仕事さえ覚えれば、マスターしたということになるかもしれません。
患者がいるときには、先生もいるので、急変や異常は先生の判断になるので、病棟に比べると、病気や症状の知識よりも、検査や介助の方が早く覚えることとして優先されると思います。
病棟は、24時間動いていますし、看護師も多く、師長もいるので、患者対自分の仕事に徹することが多いと思いますが、個人病院は夜は閉めるので、空調から、掃除、カギ閉め、など、そこにある器械などの管理もしなくてはなりません。
看護業務以外の仕事があると思います。

 

 

お盆正月、日曜日などは、個人病院は休みをとりますから、そんな休みは個人病院の方が取れると思いますが、平日の休みや、急な休みは人数の関係からしても病棟の方がとりやすいと思います。
独身の人で、平日の方が旅行料金も安いし、友達と日程を合わせて、、などとなると、人数の少ない個人病院では難しくなってきます。
病棟は夏季休暇が取れるところもあり、長ければ、5日、土日を合わせて9日となり、友人と休みを合わせて海外旅行という人も少なくありません。

 

簡単に述べてきましたが、病棟勤務が長い看護師が、個人病院でうまくいくとは限らず、個人病院で長い経験のある人が病棟勤務も難しいです。
同じ看護師といえども、科だけでなく、仕事業務そのものに違いがあり、与えられた職場で頑張り続けるのは本当に難しいです。
しかし、一か所だけの経験も、他科が入院してきたときに対応できないことになり、経験は本当に大事です。
継続は力なり、続けていくことが大切なのだと思います。

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

関連ページ

デイサービスに転職してみました
特にこれまで大阪で5年間働いていたクリニックに不満はなかったのですが、夫の親が高齢になってきたこと、そして土地を引き継いでほしいという意向から田舎に戻ることを決めました。
老人看護が大好きな看護師が転職
なぜ転職をしたのかと思っていると、以前から老人看護をすることが夢だったということです。
主人の転勤で始めなくてはならなくなった
主人が転勤になったのは、まだ結婚して年が浅く子供もいないことが大きな理由だろうと聞かされました。
院内保育所に預けて勤務
私は看護師として10年間働いてきた病院を結婚した直後に辞め、その後転職して自宅近くの病院に移りました。
いじめを受け流す術
以前勤務していた病院であった職員同士のいじめについての話です。
会社を辞めて看護師に転職
もう一つ理由があり、自分は一人っ子の環境で育ったため、人間関係を築くことがほんとうに不器用な人間でした。
美容皮膚科の看護のお仕事とは
先輩ナースたちには数回転職している人もいます。そんな転職体験者からのアドバイス、コツ、反省などをご紹介します。
看護職、続けていればよかった
結婚するまでは、総合病院で働いていましたが、大変忙しく、そのころの私は「結婚して専業主婦になることが、夢」といい、結婚にて仕事から解放されることを望んでいました。
健診センターで快適に勤務中です
健診センターは朝早い仕事なので最初は今までよりも早起きして出かけることがけっこう辛かったのですが、その代わり終了の時間も早く、残業もないため、夕方の4時半には帰ることが出来ます。
大学病院で働くメリット
一般の病院よりもお給料が高くなります。また残業代等も、しっかりお給料としていただくことが出来るので、ほかの病院で働いている看護師よりも、一般的に高いです。