美容皮膚科の看護のお仕事とは

美容皮膚科で働く看護師の重要スキルは接客

看護師が働く職場はいろいろありますが、その中には美容皮膚科があります。
看護師というと病人がいる施設で働くイメージが強いですが、ここで働く看護師は少し違います。
ここでは美容皮膚科で働く看護師に必要な技術やメリット、デメリットについて解説します。

 

美容皮膚科の看護師のスキルとは

●接客スキル
美容皮膚科で働く看護師には接客スキルが必要です。
来院した患者さんに気分よく施術を受けてもらい、また今後リピーターになってもらわないといけません。
さらに美しくなってもらうために処置を進める営業力が必要になります。

 

●看護師としてのスキルはあまり必要ない
看護師としてのスキルはあまりこの職場では求められません。
ここが他の職場と大きく異なる点です。
脱毛などの他の診療所では行わない処置については入職した後に、研修を受けて習います。

 

 

美容皮膚科で働く利点

●給料が良くて残業も少ない点が挙げられます。
もちろんクリニックによっては違いはあります。
ですが基本的に夜勤がなくて日勤のみの職場にしては、他の診療所よりも給料はいい方です。
それに急患という事もほとんどないので、残業も少なくてプライベートな時間が確保しやすいです。
これも大きな特徴です。

 

●命にかかわる患者は来ない事です。
美容皮膚科に来る患者さんというのは健康面にトラブルを抱えている患者が来ることは少ないです。
綺麗になるために来院してくる人が多いので、当然です。
ですから命にかかわるような重病を抱えた患者さんを相手にする事は普通はないと言えます。
看護師というと患者の命を守るという大きな責任からストレスをすごく溜める仕事です。
でも美容皮膚科においてはそのようなストレスはかかりません。
他には通勤に便利な点が挙げられます。
仕事帰りに来院する事が多い事から美容皮膚科は駅前などの便利な立地にある事が多いです。ですから通勤もしやすいのです。

 

 

美容皮膚科で働く欠点

やはり看護師としての仕事ができない点です。
例えば注射をするとか点滴するなど看護師の一般的な業務をする事は少ないです。
美容皮膚科で働いていると看護師としての仕事があまり多くありません。
ですから人によっては看護師としての満足感を得られない可能性があります。
医療という面においての看護師を目指すなら、美容皮膚科での経験がプラスに働く事はほとんどありません。
仕事内容は営業面が増えます。

 

美容皮膚科での看護師としての仕事というのは、いわゆる一般的に考えられる看護師の仕事内容とは大きく異なります。
そこにやりがいが持てるのか、これでは何のために看護師なるのか分からないという人と2分する職場と言えるでしょう

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

 

関連ページ

デイサービスに転職してみました
特にこれまで大阪で5年間働いていたクリニックに不満はなかったのですが、夫の親が高齢になってきたこと、そして土地を引き継いでほしいという意向から田舎に戻ることを決めました。
個人病院のメリット・デメリット
看護師の職場は、いろんな科があり、その科ごとに、専門知識が求められ、なお命に係わる仕事なので、自分がどの科にあっているか、また、自分ならどんな仕事ができるのか、不安になります。
老人看護が大好きな看護師が転職
なぜ転職をしたのかと思っていると、以前から老人看護をすることが夢だったということです。
主人の転勤で始めなくてはならなくなった
主人が転勤になったのは、まだ結婚して年が浅く子供もいないことが大きな理由だろうと聞かされました。
院内保育所に預けて勤務
私は看護師として10年間働いてきた病院を結婚した直後に辞め、その後転職して自宅近くの病院に移りました。
いじめを受け流す術
以前勤務していた病院であった職員同士のいじめについての話です。
会社を辞めて看護師に転職
もう一つ理由があり、自分は一人っ子の環境で育ったため、人間関係を築くことがほんとうに不器用な人間でした。
看護職、続けていればよかった
結婚するまでは、総合病院で働いていましたが、大変忙しく、そのころの私は「結婚して専業主婦になることが、夢」といい、結婚にて仕事から解放されることを望んでいました。
健診センターで快適に勤務中です
健診センターは朝早い仕事なので最初は今までよりも早起きして出かけることがけっこう辛かったのですが、その代わり終了の時間も早く、残業もないため、夕方の4時半には帰ることが出来ます。
大学病院で働くメリット
一般の病院よりもお給料が高くなります。また残業代等も、しっかりお給料としていただくことが出来るので、ほかの病院で働いている看護師よりも、一般的に高いです。