健診センターで快適に勤務中です

現在は都内にある健診センターに勤務しています。

私も自分に合った働き方を見つけて毎日、充実しています。
私は看護師を始めてから大学病院、大手建設会社の診療所、クリニック、健診センターなど今までさまざまな場所で仕事をして来ましたが、現在は都内にある健診センターに勤務しています。
今年の初めに現在の職場に就職し、もうすぐ一年になろうとしています。
私がこの仕事、この職場を選んだのは今までの経験を生かすことが出来ると思ったし、仕事が終わってからのプライベートな時間を有効に使えると思ったからです。
健診センターは朝早い仕事なので最初は今までよりも早起きして出かけることがけっこう辛かったのですが、その代わり終了の時間も早く、残業もないため、夕方の4時半には帰ることが出来ます。

 

 

看護の仕事だけが人生じゃない

そのためか、私の同僚には小さい子どもがいる方も多いです。
残業や夜勤がないし、有休などもお互いに譲り合って消化できているため、小さい子どものいる看護師仲間にとってはとても働きやすい職場のようです。
正直、私は独身なので子どものことなどを考えることはないのですが、仕事以外にもプライベートを充実させたいと思っているので、仕事の終了時間が早く、残業のないこの職場は魅力的です。

 

残業がない分、いくら看護師で資格がある職業といっても給料はあまり高くはありません。
でも、仕事が終わってからの時間を有効に使うことが出来るので、余裕を持って自炊に取り組めたり、買い物や習い事など今までなら週末の休みの日にまとめて行っていたいろいろなことをウイークデーにすべて行えるようになり、週末の休みの日もさらに有効に使えるようになりました。

 

 

看護師はプライベートも充実したい

人によって何を一番に考えるか、優先順位はそれぞれ違って来ると思います。
ある私の後輩のように「夜勤は年齢的にだんだんときつくなって来るけれど、今の生活レベルを下げることは考えられないので夜勤は辞められないんです。」という意見もけっこう聞きます。
でも、それもひとつの考え方だと思います。
私はかつて体調を崩してしまい、夜勤のある大学病院の勤務を辞めた経験があります。
その後、夜勤はいっさい行っていないため、給料も若かったあの頃よりもおかしな話ですが、今のある程度経験している現在のほうが安いです。
でもそれなりにやれています。
むしろ、あの頃よりも充実して心にも余裕のある日々を送ることが出来ていると思っています。
働き方はさまざまです。
その人自身に合った働き方を見つけて仕事もプライベートも充実させて行くことが一番大切なことだと思います。

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

関連ページ

デイサービスに転職してみました
特にこれまで大阪で5年間働いていたクリニックに不満はなかったのですが、夫の親が高齢になってきたこと、そして土地を引き継いでほしいという意向から田舎に戻ることを決めました。
個人病院のメリット・デメリット
看護師の職場は、いろんな科があり、その科ごとに、専門知識が求められ、なお命に係わる仕事なので、自分がどの科にあっているか、また、自分ならどんな仕事ができるのか、不安になります。
老人看護が大好きな看護師が転職
なぜ転職をしたのかと思っていると、以前から老人看護をすることが夢だったということです。
主人の転勤で始めなくてはならなくなった
主人が転勤になったのは、まだ結婚して年が浅く子供もいないことが大きな理由だろうと聞かされました。
院内保育所に預けて勤務
私は看護師として10年間働いてきた病院を結婚した直後に辞め、その後転職して自宅近くの病院に移りました。
いじめを受け流す術
以前勤務していた病院であった職員同士のいじめについての話です。
会社を辞めて看護師に転職
もう一つ理由があり、自分は一人っ子の環境で育ったため、人間関係を築くことがほんとうに不器用な人間でした。
美容皮膚科の看護のお仕事とは
先輩ナースたちには数回転職している人もいます。そんな転職体験者からのアドバイス、コツ、反省などをご紹介します。
看護職、続けていればよかった
結婚するまでは、総合病院で働いていましたが、大変忙しく、そのころの私は「結婚して専業主婦になることが、夢」といい、結婚にて仕事から解放されることを望んでいました。
大学病院で働くメリット
一般の病院よりもお給料が高くなります。また残業代等も、しっかりお給料としていただくことが出来るので、ほかの病院で働いている看護師よりも、一般的に高いです。