デイサービスに転職してみました

実家に戻ってデイサービスで働くことにしました

特にこれまで大阪で5年間働いていたクリニックに不満はなかったのですが、夫の親が高齢になってきたこと、そして土地を引き継いでほしいという意向から田舎に戻ることを決めました。

 

子供ももうじき小学校に入る前だったので、都会の生活よりも田舎でのんびりと育って、心身を養ってほしいという気持ちもありました。
といっても、田舎は九州の山間地にありますし、年に数回帰省できていればいいくらいで、とても仕事探しができるとは思っていませんでした。
田舎に帰るなら看護師をやめて農家にならないといけないのかという想像を巡らしていたくらいです。

 

 

そのような状況でとりあえず大阪で看護師の転職支援会社に登録をしました。
すると、九州の支店と連携をとってくださり、田舎の家からも通える範囲の求人を見つけてくれていました。
さすがに田舎のことなので求人件数はかなり少な目でしたが、それでも車なら通勤に30分程度の時間のところが隣町にいくつかありました。

 

病院やクリニックを前提に考えていたのですが、老人ホームやデイサービスなどといった介護分野の求人もありました。

 

今後、両親が高齢になっていくことを思えば、ある程度自由に使える時間が合った方がいいようには思えました。

 

そこでコーディネーターの方とも相談をしながら、クリニックやデイサービスの求人に対して応募することを決めました。

 

転職の面談のために田舎に幾度か足を運びましたが、それでも実際に暮らし始めるときには仕事が決まっていて、収入源がこれからあるという安心感がありました。

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

関連ページ

個人病院のメリット・デメリット
看護師の職場は、いろんな科があり、その科ごとに、専門知識が求められ、なお命に係わる仕事なので、自分がどの科にあっているか、また、自分ならどんな仕事ができるのか、不安になります。
老人看護が大好きな看護師が転職
なぜ転職をしたのかと思っていると、以前から老人看護をすることが夢だったということです。
主人の転勤で始めなくてはならなくなった
主人が転勤になったのは、まだ結婚して年が浅く子供もいないことが大きな理由だろうと聞かされました。
院内保育所に預けて勤務
私は看護師として10年間働いてきた病院を結婚した直後に辞め、その後転職して自宅近くの病院に移りました。
いじめを受け流す術
以前勤務していた病院であった職員同士のいじめについての話です。
会社を辞めて看護師に転職
もう一つ理由があり、自分は一人っ子の環境で育ったため、人間関係を築くことがほんとうに不器用な人間でした。
美容皮膚科の看護のお仕事とは
先輩ナースたちには数回転職している人もいます。そんな転職体験者からのアドバイス、コツ、反省などをご紹介します。
看護職、続けていればよかった
結婚するまでは、総合病院で働いていましたが、大変忙しく、そのころの私は「結婚して専業主婦になることが、夢」といい、結婚にて仕事から解放されることを望んでいました。
健診センターで快適に勤務中です
健診センターは朝早い仕事なので最初は今までよりも早起きして出かけることがけっこう辛かったのですが、その代わり終了の時間も早く、残業もないため、夕方の4時半には帰ることが出来ます。
大学病院で働くメリット
一般の病院よりもお給料が高くなります。また残業代等も、しっかりお給料としていただくことが出来るので、ほかの病院で働いている看護師よりも、一般的に高いです。