大学病院で働くメリット

福利厚生がしっかりと設定されている

看護師として働きたいと思った時、いろいろな職場を選択することができます。
それは、看護師の求人情報が多いからです。
そのため、就職難という言葉は、看護師には関係ないのです。
そんな中、大学病院に就職をすることがあります。
大学病院は、大変というイメージが強いですね。
救急患者さんが多く搬送されてきたり、忙しいという、そんなイメージがあると感じます。
ところが、大学病院で働くとさまざまなメリットを感じることができます。
そのことについて、まとめてみました。

 

 

 

看護の仕事として給料が高く福利厚生が良い

・お給料が高い
大学病院は、基本給が高いところが多いです。
そのため、一般の病院よりもお給料が高くなります。
また残業代等も、しっかりお給料としていただくことが出来るので、ほかの病院で働いている看護師よりも、一般的に高いです。

 

・福利厚生が良い
大学病院は、福利厚生がしっかりと設定されています。
そのため、病気になった時など、お給料としてもらうことが出来るのです。
そのことは、とてもこころ強いですね。
もしもの時に、きちんとした対応をしてもらうことができるのは大学病院です。
そしてそのことについて、オリエンテーションで冊子としてもらうことが出来るので、度々確認をすることができますね。

 

 

看護師の仕事として高い技術獲得でき、誇りを持って働ける

 

・いろいろな知識と技術を身につけることができる
大学病院は、診療科が多いので、たくさんの患者さんを看護することができます。
その患者さんの中には、珍しい疾患の場合もあるのです。
そのため、ほかの病院では経験することが出来ない看護や治療について学ぶことができます。
また、技術についても、とても有利です。
最先端の技術を行うところとして、仕事をしながらいろいろなことを学ぶことができます。
それは、とても嬉しいことですね。
ほかの病院に転職をした時も、その技術や知識は大いに役立てることが出来るのです。
そして一生の財産として、もつことができますね。
また、研修等を大学病院内で行うことが多いです。
そのため、外部に研修に行かなくても、大学病院内で無料で勉強をすることができます。

 

 

・誇りを持って働ける
・誇りを持って働くことができる
大学病院は、誇りをもって働くことができる職場です。
それだけ、尊敬される職場ということになります。
友人に聞かれた時、大学病院の看護師というと、とても気持ちがいいですね。
そんな風に、自分も誇りを持っては働くことができる職場なのです。
そのことは、とても大切なことです。
それは、自分のやりがいをみつけやすいからです。
やりがいを多くの診療科の中から、見つけることができます。

 

↓で看護のお仕事のコンサルタントに相談してみましょう
看護のお仕事

関連ページ

デイサービスに転職してみました
特にこれまで大阪で5年間働いていたクリニックに不満はなかったのですが、夫の親が高齢になってきたこと、そして土地を引き継いでほしいという意向から田舎に戻ることを決めました。
個人病院のメリット・デメリット
看護師の職場は、いろんな科があり、その科ごとに、専門知識が求められ、なお命に係わる仕事なので、自分がどの科にあっているか、また、自分ならどんな仕事ができるのか、不安になります。
老人看護が大好きな看護師が転職
なぜ転職をしたのかと思っていると、以前から老人看護をすることが夢だったということです。
主人の転勤で始めなくてはならなくなった
主人が転勤になったのは、まだ結婚して年が浅く子供もいないことが大きな理由だろうと聞かされました。
院内保育所に預けて勤務
私は看護師として10年間働いてきた病院を結婚した直後に辞め、その後転職して自宅近くの病院に移りました。
いじめを受け流す術
以前勤務していた病院であった職員同士のいじめについての話です。
会社を辞めて看護師に転職
もう一つ理由があり、自分は一人っ子の環境で育ったため、人間関係を築くことがほんとうに不器用な人間でした。
美容皮膚科の看護のお仕事とは
先輩ナースたちには数回転職している人もいます。そんな転職体験者からのアドバイス、コツ、反省などをご紹介します。
看護職、続けていればよかった
結婚するまでは、総合病院で働いていましたが、大変忙しく、そのころの私は「結婚して専業主婦になることが、夢」といい、結婚にて仕事から解放されることを望んでいました。
健診センターで快適に勤務中です
健診センターは朝早い仕事なので最初は今までよりも早起きして出かけることがけっこう辛かったのですが、その代わり終了の時間も早く、残業もないため、夕方の4時半には帰ることが出来ます。